4 Replies Latest reply on Dec 22, 2021 12:30 AM by Masaji Hirakawa

    DIHの「ファイルがパブリケーション可能になった時」のデータ送受信について

    Masaji Hirakawa Active Member

      以下の事象が発生しており、DIH設定方法を教えていただきたく存じます。

       

      データ連携の目的

       ジョブ管理ツールを使って、データ送受信を検討したが、データ送信元の送信時間が保証されない為

       イベント起動(送信元のファイルをPublicationできたら、すぐにSubscriptionを起動)でデータ送信したい

       

      以下の試験を行ったところ、データ受信サイズ(Subscription実行後のファイルサイズ)が明らかにおかしい状況になった

      1.送信元のデータが2Gと大きいサイズのデータをPublicationでパススルー連携

      2.Subscription

        1)自動パススルー連携

        2)スケジュールの設定で

          「ファイルがパブリッシュ可能になった時」を選択

          その他、詳細設定はデフォルトのまま(「ファイル安定化の待ち時間」欄の設定について、値を変更したが常にデフォルトに戻ったため設定せず)

        ↓  ↓  ↓ Publicationを実行

      <結果>

       Publicationを行っている最中に、Subscriptionが実行され、データ送受信サイズが一致しない状態となった

       送信データ(PublicationのINPUT):2Gbytes

       受信データ(SubscriptionのPUTPUT):900Mbytes

       

      上記「データ連携の目的」を達成するためのDIHの設定方法について、教えていただきたく思います。